​福祉制度を適用した入手法 

認知機能がしっかりして杖などをついて自力で歩ける方が対象です。

​ 

本品は福祉用装具としての提供を主目的に開発したもので、例えば●脳血管障害、●脊柱管狭窄症

●変形性膝関節症やなどに伴う歩行障害のA:治療中ですと医療保険適応、症状固定後にマヒなどの障害が残っている場合にはB:補装具扱いで国や自治体による公費負担が適応される可能性があります。

治療中の方は医師に、症状固定後の方は医師またはケアマネ役所などに相談して下さい。

​詳しくは ⇒こちら

医師や役所になどに保険適応を依頼する書式をご用意しました。 ⇒こちら

入手法.png

装具は①:コロバンダー・ロング(膝上仕様)です

制作費用は

片側/24.000円 左右セット/48.000円(税込み)+.送料800円

負担して頂く金額は1割の方は片側3.200円、両側5.600円 

3割の方は片側8.000円 両側15.200円

※ 歩行感覚の左右バランス、健側の負担軽減の観点から左右セットでの提供を推奨します。

(重要) 片麻痺で片手が使えない方でも1分ほどで装着出来ます ⇒こちら

ロングタイプ2.png

​以下、福祉用途で自己負担額を抑えてゲットする手順です

ケース1: 治療(リハビリ)中の方

ステップ:① 医師(内科医でも可)に活用の意向を示す

主治医に依頼書こちらを提示、あるいはスマホで見て頂きましょう。

通常、採寸は医療機関側で作成して頂けます。

  1. ①病院で診察を受けます。

  2. ②医師より製作所に処方が出されます。本人に対しては、装具の必要性を証明するための診断書が発行されます。

  3. ③義肢・装具を製作します。医師の手元に納品されます。

  4. ④本人は義肢・装具の費用をいったん製作所に支払います。その際、領収書・内訳書(費用内訳に関する明細書)をお渡しします。

  5. ⑤本人から保険者(協会けんぽ等)へ、払い戻し(還付)請求の手続きを行います。医師の診断書と領収書・内訳書が必要です。

  6. ⑥後日、保険者より、支払った代金から自己負担分を除いた金額が払い戻されます。

先生2.png
採寸4.png

ステップ:② 製品を受け取とったら代金を支払う

​製品の購入費用は一旦自己負担で全額を支払って頂きます。

支払い先は医療機関と提携している装具製作事業者、提携事業者が存在しない場合は当研究所と提携している装具製作事業者です。

ステップ:③ 申請書を作成して還付を受ける

​還付金を受け取る為には加入する保険者宛に療養費支給申請書(装具用)を作成して提出して下さい。自己負担額を差し引いた金額が貴方が指定した口座に振り込まれます。

申請書.png

ケース2: 症状固定を告げられた方/補装具として公費負担を受ける

ステップ:① ケアマネジャー、ソーシャルワーカーまたは役所に相談する。

補装具として取得する為には書類の準備などの手順を踏む必用があります。ケアマネ並びにソーシャルワーカーに相談すると役所への相談なども含めて手続きの手順をアドバイスしてくれるはずです。

ケアマネがいない場合は地域の役所などに相談しましょう。

ケアマネに相談.png
補正具.png

ステップ:② 医師の意見書など必要な書類を準備

役所に相談すると該当する医師の意見書や障害者手帳など国や自治体の公費を充てて補装具を作成する手順を示してくれますので、それにしたがって準備を進めましょう。

ステップ:③ 各自治体が定めた判定機関で審査を受ける

補装具作成に必要な準備が出来たら自治体が定めた審査機関で公費該当の可否の判定を受けましょう。

ステップ④: 審査機関の指示に基づいてデータ送信を依頼する

公費負担該当の認定が受けられたら、審査機関の指示に基づいて採寸とデーターの送信を行いましょう。

ステップ:⑤ 製品を受け取とって暮らしに活かす。

​採寸カルテが送られるとメーカー指定の工場でデーターにを元に作成した、貴方の下肢の形状や太さにフィットした装具が医師に届きます。

装具の利用は医師やリハビリスタッフの指導管理下で行なってください。