top of page

​特許発想の運動補助具コロバンダーが目指すゴルフシューズ革新

 Q&Aで解説/新式ゴルフシューズの概要 
飛距離を安定して遠くに飛ばして今すぐスコアップに繋げたいと願うプレイヤー、

疾病並びに加齢を理由にゴルフライフの限界を覚える人々に朗報

履くだけのシンプルな手段で足腰の踏ん張りを強化(回復)してプレーが無理なく持続できるだけでなく

スコアが伸びてプレーの多幸感アップに繫がるアイテムが2024/1~2月​にリリースされます。

​コロバンダーは特許取得、対応シューズ加工は特許申請中です

 ゴルフシューズ革新の実現のプロセス 

※効果は個人による感想です。

Q: 新式ゴルフシューズ/コロバンダー・プラスの構造と購入費用は? 

A:はい、足関節を固定しない仕様でありながら脳血管障害に起因する尖足マヒ患者の歩行をコントロールすることで特許を取得した装具を、ゴルフシューズに取り付けた新しいスタイルのシューズです。

スクリーンショット (1276).png

Q:購入価格は? 

はい、価格は片側34.000円+送料600円+税=38.280 一足は×34.000円×2+送料+税=75.680円

◇老舗の国内メーカーがフルオーダーメイドで貴方の脚にフィットした仕様に仕上げてお渡し​致します。​製品仕様書は後日アップいたします。
 

Q:フルオーダーメイドのお申し込みの手順は​?

はい、①:サイズを採寸⇒②:データを送信⇒③:入金確定後3週間目途でお届けします。​⇒こちら

手順.png

Q: ルフシューズ選びのポイントは?

A:はい、ほとんどの紐靴に​連結出来ますが、ポイントは紐部分がより爪先よりまであることです。理由は、紐部分が長いことで連結プレートを個々の状態に照らして好適な箇所に設置できるからです。

ポイント.png

Q: 対応加工のメリットは

A:対応加工を施すことで、①:リングが横にスライドして好適な方向を担保しつつ、②:タンに取り付けた紐が前後方向のスライドを防ぎ、③:プレートが面で支えることで靴の破損を防ぎつつ常時安定した牽引張力を伝え​る利点が生まれます。 紐への直結はたるみと紐の破損リスクが高まります。

​只今、対応加工を担って頂ける靴メーカーと提携を相談中です。

連結.png

Q: 新式シューズのゴルファー支援コンセプトとサポートメカニズムは? 

A:はい、本シューズのゴルファー支援テーマは大きく分けて2つです。

その⑴:履くだけでスイングが安定して飛距離とスコアアップが期待できます。 

​支援テーマその1は、履くだけの簡潔な手段で左脚の壁が無理なく出来上がり、スイングが安定してヘッドスピードが上がり、飛距離並びにスコアアップの期待が高まる​新概念のシューズ​を提供することです。

詳しくは動画で

ゴルフ45-23.png

その⑵:身体にハンデを抱えるゴルフ愛好者のサポート

​支援テーマその⑵は、加齢や疾病を理由にプレーの継続や復帰を諦めかけている人々に、履くだけで身体機能のハンデを補ってプレーの多幸感をアップして、ゴルフ寿命を増進に繋げる手段をお渡しすることです。

詳しくは動画で

前脛骨筋2.png

Q: 新式シューズ普及に​よって享受する業界のメリットは? 

A:​日本のゴルフ人口はバブル時代の約1千5百万人をピークに減り続け、560万人前後で推移していますが課題は若い世代のゴルファー数が伸びない為ゴルフ人口の半分を60代と70代が占めていることです。つまり、60代~70代のゴルフ寿命を延ばす環境を業界全体で共有することが、ゴルフ場並びにレッスン施設運営者、コーチ、出版社、用具メーカーなどゴルフ事業に関わる全て人々の暮らしを守ることに繋がるはずですが、本新式シューズは現存する中で最も実効性のあるツールの一つと言えるでしょう。

 

 

Q:本シューズ革命によってゴルフ事業者全体の安寧に繫がるプロセスは?

A:​本事業を達成する為の根幹にある考え方は「共存共栄」です。新式のシューズ機能向上アイテムが発明されたのをきっかけに、個々が先人から受ついで進化させてきた技術(英知)をパッケージにして提供することで従来の技法だけでは支援が難しかった例えば、腓骨神経麻痺による立位保持の難題解決などに繋げ、更なる顧客満足度のアップを実現します。

靴6.png

Q: 新式ゴルフシューズの利用対象者は 

A:利用者は健常者から脳血管障害や坐骨神経の圧迫による中~軽度の尖足マヒ、様々な原因の膝の障害抱える方まで幅広い層にご活用いただけますが、例えば強いスイングで左膝に過度な捻じり負荷をけた場合などでは痛みが出現する等のリスクは伴います。もし、痛みが出現した場合にはスイングの強度を加減するかご利用を中止して下さい。
​※重度の内反を伴う尖足マヒ、装着しても左片脚立ちで直ぐに脚が砕ける
重度の膝関節障害のハンデを抱える方などは対象外です。

ゴルフ36.png

Q: 新式シューズが目指すゴールは? 

A:​本事業のゴールはゴルフ愛好者並びに事業者の支援に止まらず、ゴルフシューズ革命を切っ掛けに​、不幸にして歩行機能に障害を抱えた人々によりアクティブで幸せな人生を送る具体的なツールとノウハウをお渡しすることです。

ゴルフ18.png
ゴルフ19.png

Q: ゴルフ寿命増進並びに上達に繫がるエビデンスは? 

A:日本を代表する​大手電機メーカー製の歩行態様測定インサート並びにストップウォッチにを活用して、理学療法士及び機能訓練指導員など国家資格を有する専門家立ち合いの元30名程の数値化エビデンスを証明する測定を実施、尖足マヒ患者だけでなく健常者も含めてすべてのモニターに数値の改善と向上が認められました。中でも段差上り下り及び尖足マヒ患者の患肢片脚立ちの数値改善はゴルフサポートに直結する証拠​と言えます。

ゴルフ35.png

Q:安全性についての検証と対策は?

 A:本装具は400名を超えるモニター検証より、例えば脳血管障害による重度の内反を伴う尖足マヒ、歩行介助が必要な強度の変形性膝関節症などでなければ、中~軽度の尖足まひで100㎏クラスの患者でも安全に活用できることが分かっています。

 

安全性担保対策については、取説並びにサイトにて活用対象者の線引きを明確にしつつ、破損事故対策についても取り変えゴムバンドの標準装備など万全の仕組みで対処致します。

ゴルフ25.png
ゴルフ23.png

Q:ロジェクトを達成するために進行中のアクションは?

A:尖足マヒを患った患者さん数名がコロバンダーと出会ったことで劇的に人生が好転した実体験を当事者目線で​、歩行困難で将来を悲観している人々の未来を拓く活動を自身の生きる目標にしたいと啓蒙活動に熱いで思いで取り組んでいます。 ​内尾氏の活動は関西圏を中心に新聞やTVで取り上げられるなど大きな注目の的になっております。 内尾氏の活動の様子を纏めたドキュメンタリー動画 ⇒こちら

ゴルフ26.png
ゴルフ4.png

開発者池田俊幸より/開発の軌跡と想い!

 

 私は長年脳血管障害並びに坐骨神経麻痺等に伴う尖足マヒに起因する躓き防止用具の研究開発に取り組んできましたが2022年の7月に特許を取得、400名を超えるモニターを実施すると多数名のユーザーから「大きく人生が好転した、本装具無しでの生活は考えられない。」などの反響を頂くようになりました。

 

 また私は、40年余の施術経験の中で脚のシビレ、あるいは膝の障害等で踏ん張りが利かなくなった為にゴルフを諦める患者さんを大勢目の当たりにし、本装具の特性を活かした対処グッツの開発を意識するようになりました。果せるかな、脳血管障害で麻痺が残るユーザーから「後遺症で定まらなかったゴルフのスイングが安定して飛距離も伸びた。」58才女性から「階段の下りで膝が折れそうで怖かったが踏ん張りが復活して解消した。」等々の声が届きました。

 

 私の予感は的中していました。早速効果を裏付ける手段として日本を代表する大手の電子機器メーカーが開発した歩行態様を計測するセンサー、及びストップウオッチを使って約30名(専門家立ち合いの元)の数値化エビデンス取得を実施、歩行機能に障害のある人だけでなく、健常者を含む全てのモニターに数値の向上が認められました。

 

 私は直感しました。本装具の機能を取り入れたゴルフシューズを世の中に出すことが出来れば、ゴルフ愛好者だけでなくフレイル層など運動弱者全体の健康寿命増進に繫がるはず、延いては崩壊が予測されている介護制度など社会全体が抱える課題解消の一端担うことが出来ると…。

​ 新式ゴルフシューによるゴルフ事業者の安定成長並びに、国民全体の幸せ量を増やすこと、それが私の心中の想いであります。

 

bottom of page