​【歩行補助に止まらない生活支援推し機能】

100名以上のモニターの結果より​、本アイテムにはこむら返り対策など人々の日々の暮らしをより快適安全に過ごす様々な機能が備わっている可能性が確認されました。※ 効果には個人差があります。

機能その①: つまずきとスリッパがずれるリスクをまとめて軽減

一瞬で人生が負の方向に向かうリスクの高いシニア世代の転倒原因の多くは①すり足歩きによる躓き、そして②:スリッパのズレ抜けですが、コロバンダーセットはその2つの原因にアプローチして転倒リスクを軽減する効果が期待出来ます。

機能13.png

機能その②: 歩行姿勢の改善と体型老化対策

多くの人々を悩ませる悪姿勢や体型の老化、その一因として考えられるのが背中を丸めた歩行姿勢

​コロバンダーを装着して歩きコロバンダーリセット体操を習慣にすることで体型老化を遅らせる期待が高まるはずです。詳しくは ⇒こちら

機能4.png

機能その③: 階段や坂道の歩行支援

膝や背骨の変形などが原因でお辞儀歩行になると階段の踏み外しや膝折れ現象のリスクが高まってしますが、コロバンダーを装着することで脚の踏ん張り力が高まり足元がしっかりして恐怖感も薄れることが確認されました。通勤中駅の階段でひやりとした、荷物を持って階段を上り下りする宅配業者などにぜひ使って頂きたいと思います。

機能6.png

機能その④: 杖歩行者の息切れを改善

怪我や老化などが原因で杖歩行を強いられるようになって浮き彫りになるのが、喘息や呼吸器系の疾患に伴う呼吸機能不全悪化の課題です。背中を丸めて杖に頼って歩くことで胸郭が圧迫されて直ぐに息切れしてしまうリスクが高まってしまいます。

​コロバンダーを装着することで歩行姿勢が正されて胸郭が開き、呼吸が楽になることが確認されました。

機能9.png

機能その⑤: 中腰作業での腰砕けや膝折れリスクの軽減

介護の現場では職員の高齢化が進んでいるのに比例して車イス移乗などの際に、腰が砕けたり膝が折れて利用者と一緒に転ぶ、転ばないまでもひやりと胆をつぶした、あるいは支えきれずにドスンと落として腰を負傷させたなどのトラブルが増えて現場の憂いの種となっておりますが、本装具を装着して作業することで踏ん張りが利くようになってそれらのリスク軽減が期待できるはずです。

機能10.png

機能その⑥: 介護する人される人双方の負担を軽減

日本では超高齢化社会が進む中、介護施設での慢性的な人手不足を背景に自宅での介護を余儀なくされる事例が急増、老々介護や親の介護で仕事辞めなければならない介護離職(年間10万人)が、人々の暮らしに影を落としています。そこで、ぜひ活用して頂きたいのが本アイテム、介護される人が装着することで例えばトイレの歩行介助中にもつれて転ぶリスクが軽減、歩速が早くなって効率が良くなる。

また、介護する人が活用することで膝折れや腰砕けによる身体への蓄積ダメージを緩和できるなど、双方にとって​メリットが生まれ介護の共倒れ対策に繋がる期待が高まるはずです。

三方良し6.png

機能その⑦: 脚のむくみを解消して夜尿症でトイレに起き出す頻度

誤嚥性肺炎の発生リスク軽減

コロバンダーを下に下ろす前に行なう「どんぐりこ体操」の習慣で下腿の水の貯留を減少させることで夜尿症でトイレに起き出す頻度を減らす、あるいは食事前に行なうことで姿勢が良くなって誤嚥性肺炎の発生リスクを軽減する効果が期待出来ます。

機能その⑧: 就寝中のこむら返りを寝たままで緩和、再発防止も

就寝中に起きるこむら返りは対策を間違えると肉離れに繋がる、一度治まっても繰り返し発症して眠れなくなるなど厄介な傷病ですが、コロバンダーセットを足首に装着して寝て、いざつった場合は上に引き上げることで足首が背屈位に保たれ、脛とふくらはぎの筋肉が圧迫されて再発を防ぐ効果が確認されています。

こむら返り2.png

機能その⑧: 就宅配やデリバリーの仕事を支援

宅配業にとって荷物を持って階段を上り下りは足腰に負担がかかり、特に下りるときは滑り落ちの恐怖が伴いますが本アイテムを活用することで踏ん張り力がアップしてこれらの課題を解消する、また、自転車で街中を走り回るデリバ自転車の自転車の漕ぎしっかりする急停車で脚を着く際の転倒リスクを軽減する期待がが高まります。

応援.png

機能その⑨: 子供から大人まで、悪姿勢(猫背)を根本改善

整体にかかってもストレッチをしても直ぐに元に戻ってしまう猫背、オンラインによる働き方、ゲーム依存のライフスタイルなどによってより拍車がかかってしまっていますが、コロバンダーを装着して家事をしたり歩くだけで外した後も姿勢矯正効果が持続していることがモニターの結果より判明しました。

​改善メカニズムは正しい姿勢の保ち方が脳にインプットされたことと推察されますが、猫背矯正の新常識として定着する可能性は大きいと思います。

姿勢改善2.png