歩行困難者の日々の暮しを1日を通してサポートしつつ相乗して治療効果を高める2つのコラボツールを提案致します
モニター実施検証の結果、​昨今福祉の現場など注目を集め各マスメディア紹介された新しい発想のペダル付き車椅子『COGY』『コロバンダー』をセットで活用することで素晴しい相乗効果が期待出来ることが分りました。


COGYの詳細は ⇒こちら  各地でCOGYとコロバンダーがセットで試せます ⇒こちら
 

コロバンダーとCOGY.jpg

 2つのアイテムのコラボによって期待出来る相乗効果 

■ 快適な暮らしと自立を後押し 

 

その⑴:起床後にコロバンダーとサンダルでの室内で生活から始まり装着してCOGY乗って外出(遠出も)目的地での就業やトイレや用事などでの歩行を支援、帰宅後は家事などをサポートします。

 

その⑵:コロバンダーを装着してCOGYに乗ることで足首と膝、股関節の動きがスムーズになって漕ぎやすくなることが期待出来ます。

その⑶:コロバンダーを装着する事でCOGYの乗り降りが安定することが期待出来ます。

■ 治療(健康)効果を高める可能性 

 

その⑴:両アイテムを活用した暮らしでは、足首を固定しなくて済むだけでなく自然に●股関節 ●膝関節 ●足首の曲げ伸ばしが起きるので、これらの関節の拘縮を防ぎつつスムーズな動きを獲得して持続する効果が期待出来ます。

その⑵:両アイテムをセットで活用して暮すことで期待出来る健康効果には、下肢の関節を頻繁に動かす事で血行を促進、身体のむくみや冷えなどを防ぐこともその1つです。

 

その⑶:片麻痺患者に実施したモニターでは、異口同音に「発症前の歩き方が再現できた。」でありましたが、このことは、現在片麻痺治療の先端療法と注目を集めているBMI療法に通じる効果が期待出来る可能性を推察されますが、COGYとのセットでの暮らしはその可能性を更に高めるはずです。